交際クラブも路面店として存在できるのはご存知でしょうか。それを世間一般ではデートクラブと呼びます。路面店として店舗が存在している場合も、利用する形式としては何も変わりません。男性は店舗に紹介料を支払うことで、女性を紹介してもらえます。その落ち合い方が現地なのか待ち合わせなのかが違うくらいです。しかし、路面店がほぼ不可能なのには理由があります。まず、ルール上は気軽に利用はできません。ですので、日々ゴロゴロと人が溢れかえっている状況にはならないでよう。次に、利用者のプライバシーが確保できません。女性も男性もそのお店への出入りが生まれてしまうため、利用者に個人情報を提出してもらっているとはいえ、利用者の安全性を確保できなくなってしまう可能性が高いです。一つの場所に不特定多数の会員がバッティングすることはあまり良い環境とはいえないでしょう。また、ルールに則って紹介料を支払っての利用であっても、傍から見ると人を買っているようにも見えて健全なものに見えるはずがありません。過去には高校生や学生といった女性の出入りがあったと考えられましたので、風紀上も良くなかったでしょうし社会問題となりました。ですので、今では無店舗型(事務所型)の交際クラブがメインであり、メールや電話のやり取りを介しての女性の紹介が一般的となっています。本来は路面店ありきで出来上がってきた交際クラブの文化ですが、広く一般社会に認識されやすい部分があると淘汰されて変化するのは良くあることです。また、一定の年齢層には人気が出てしまうものですし違法性も高まってしまいます。そんな理由でデートクラブと呼ばれる店舗型のお店は無くなっていったと考えられます。もちろん、今でも再現はできるものでうが、違法性が非常に高くトラブルを生みかねない形式の商売をやりたいと考える経営者はいないのか、殆ど存在しなくなってしまっていまう。今も出会い喫茶といったかたちで残っているところも多いかもしれませんが、お店ごとに厳しいルールを設けて運営をされているはずです。こんな状況ですので、今では無店舗型の交際クラブ(デートクラブ)が人気なのでしょう。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド

関連する記事は見当たりません…