注目記事一覧

エッチなプレイについて詳しい品川のピンサロ嬢が相手をしてくれてもできないプレイはある。初めは風俗嬢ならどんなプレイでもできると思っていたが、前回家に来てくれた女の子はあまりエッチなテクに詳しくなかった。彼女は容姿レベルがアイドル以上に美しく

五反田のデリヘルがいわば風俗のスタンダードと言っても良い時代だからこそ、最近はデリヘルよりもお店の風俗のお世話になることの方が増えているような気がしますね。決して天邪鬼って訳じゃないんです。ただ、やっぱり風俗には刺激を求めたいじゃないですか

男ならばたいていの人はおっぱいのことが好きですよね。一昔におっぱいの歌みたいなものが流行った時期なんかもあった気がします。最近はあまり巨乳すぎず、美乳すぎずが好きなので、CかDカップぐらいが好みです。バランスが取れているのが何にしても良いで

嫁の機嫌がいい時はいつも以上に激しいご奉仕プレイをしてくれる。とは言っても、一般人の嫁がやってくれるご奉仕プレイなんて普通のフェラやテコキなので、多少気持ちがいいというレベル。横浜のピンサロ嬢のような絶妙な力加減で愛撫してくれれば俺もそれな

底なしの魅力を持つ風俗と言っても決して過言ではないもの。それがイメクラなんじゃないのかなって思っています(笑。底なしと言うのは大袈裟に聞こえてしまうかもしれないんですけど、実際に自分も何度もイメクラのお世話になっているんですがイメクラで遊ぶ

抜きありメンズエステで、疲れも性欲もスッキリ解消!

今俺がやっている仕事はデスクワークがメインだ。1日中、パソコンや細かい文字がぎっしりと書かれた資料と睨めっこ。まだ若いとはいえ、どうしても疲れてしまう。この仕事に就いてからもうすぐ1年になるのだが、疲労や体への負担が蓄積されたのだろう。首筋や肩、腰といった体のパーツが岩のように硬くなってしまった。体の凝りと併発して頭痛も慢性的に起こるようになったので、さすがに自分の体が心配になっていた。そんな悩みを会社の同僚に相談すると、意外な解決策を提案されたのだ。「そんなに負担がかかっているなら、メンズエステに行ってみれば?」「ああ、確かにそれはいいかも。ムキムキの兄ちゃんに体をしっかりとほぐしてもらったら良くなりそうだもんな(笑。」と返すと、同僚は怪訝そうな目で俺を見てきた。「え、勘違いしてない?(笑。俺が言っているのは風俗。抜きありのエステのことだよ」風俗メンズエステ。俺の頭には思い浮かばなかったワードが同僚の口から飛び出した。そういったエロ関係のお店には正直、あまり詳しくない。同僚が言うには、抜きありメンズエステとはいわゆる回春のことみたいだ。セクシーなお姉さんが、本格的なマッサージを施してくれ、ついでに下半身もねっとりほぐしてくれるエッチなエステ店だという。友人には「気が向いたら行ってみるわ」と言ったが、その日はメンズエステのことで頭がいっぱいになり、仕事どころではなかった。会社から自宅に帰ったあと、すぐにパソコンでメンズエステを検索。もちろん抜きありの風俗店だ。すると驚いたことに俺が住んでいるエリアにはメンズエステ店が多く存在していて、選びたい放題であった。その中でも惹かれたのが、セクシーなお姉さんがヌードでマッサージを施してくれるエステ店Aである。同僚の話によると、メンズエステの場合、追加料金を払わなければ女性は終始着衣したままであるお店が一般的とのことだった。しかしAはオールヌードが無料。これは男として魅力的なポイントだ。そういうわけで早速お店に電話をし、予約をする。タイミングよく次の日は土曜だったので、午前中から派遣可能なIさんを指名し、その日は床に就いた。翌日、ラブホテルに1人でチェックインし、Iさんの到着を待つ。ラブホには1人で入ったことがなかったため、多少なりとも恥ずかしさはあったが、それよりもドキドキ感の方が上回っていた。部屋で待機してから15分ほど経過した頃、Iさんの到着。明るめのロングヘアーに、切れ長の瞳、おっぱいもそれなりのサイズで、スレンダーな美人さんだった。軽く挨拶をし、マッサージの説明を受ける。もちろんシャワーはIさんと一緒に浴びた。彼女のナイスバディをじっくりと目に焼き付けながら、手短にシャワーを終え、ようやくベッドで施術開始!まずはうつぶせ状態で、首筋からつま先までじっくりとマッサージを堪能。ラベンダーの香りがするアロマオイルがいい感じに癒やしを与えてくれた。あまりの心地よさに、ついウトウトとしてしまうと、背中にプニっと柔らかいものがあたる感触が…。これが友人の言っていた密着エステ!Iさんのきれいなおっぱいが、背中をいやらしくほぐしてくれた。エロさはもちろんあったが、ある種幸福感に似たようなものも感じる。まさに至福の時であった。次は四つん這いになり、アナルから睾丸をやさしくほぐされる。普段は滅多に触られないような部分を弄られたので、興奮度は急上昇。ムスコも完全に勃起していた。「下半身がすごく苦しそうですね~。でも我慢してください。もっと気持ちよくなりますから」という台詞を自然と口にするIさんにプロ意識を感じた。恋人じゃまず体験できないシチュエーションにどんどんハマっている自分がいた。続いて仰向けになり、内ももから股関節をジワジワと責められる。同時に睾丸へのマッサージも激しさを増していった。ここまでムスコには一度も触れられていないが、射精感はどんどん押し寄せてくる。先走り汁も竿に伝うほど溢れていた。仰向けになったことで、ようやくIさんの体を拝めることができたのもその要因だ。このお店はタッチもOKなので、心置きなく彼女のおっぱいを触りまくる。薄いピンク色の乳首はツンと突起しており、指先で乳輪を弄ると彼女からかわいらしい喘ぎ声が漏れ出した。「もっと強く揉んでいいんですよ?激しくして…」彼女のエロモード全開の淫語に応えるかのように、おっぱいをまさぐる。その間も下半身への施術は続けられていて、もうムスコは限界だった。「イキそうですか?じゃあ最後にハンドサービスをさせていただきます。たくさん出してくださいね」と、俺の気持ちを察してくれ、ついにムスコへのマッサージが始まった。あれだけ焦らされたせいか、俺のムスコはこれまでにないほど敏感になっており、すぐに限界を迎えてしまった。亀頭責めをされながら、大量の精子が彼女の手の中に放出される。全ての精子を出し尽くしたのではないかと思うくらい、長い射精が続き、これまでで一番の快感が全身を突き抜けた。「気持ちよかったですか?ザーメン、手からこぼれちゃいました」ニコッと笑うIさんの表情を脳裏に焼き付け、マッサージ終了。感想はひと言、最高だった…!疲れもストレスも、そして性欲もスッキリ解消できるメンズエステ。風俗にハマる人はとことんハマると聞くが、俺はその類の人間だろう。その日以降の仕事中もメンズエステが頭から離れず、こうして体験談を書いている間も忘れられない。今度の休日にIさんが出勤していたら、もう一度体験してみようと思う。焦らされてから迎えるあの射精感が忘れられないんだ。

普段の疲れをプライベートな空間で心地よく癒してくれる、立川のメンズエステです。完全個室の空間で、まるでとろけるかのようなトリートメントを味わえます。立川 メンズエステ リラクゼーション個室サロン【サロンクオリア】